Amazon.co.jp ウィジェット  「フィンランド音楽の日々イン東京2006」II | 温故知新/音楽評論家ノダセイジ
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
 「フィンランド音楽の日々イン東京2006」II
0
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         「フィンランド音楽の日々イン東京2006」II     
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「フィンランド音楽の日々イン東京2006」II

    5月26日(金)六本木 アークヒルズ 9Fジェトロ(日本貿易振興機構)

    Wigwam:Fresh Garbage Rarities 1969-1977
    LXCD 626
    ウィグワムのベスト盤2枚組

    Wigwam:Being
    LRCD 92
    要だったペッカ・ポーヨラが参加した最後のアルバムでプログレ色が一番濃い
    トータル・アルバム。たぶん日本ではこの盤が一番有名。このフィンランド盤
    は、24bit デジタル・リマスターを施してあり、音もクリアで良い。

    LOVE RECORDSというなんだか各国に1つはありそうなレーベル名のテーブルに
    行ってみた。ジャンルは色々と扱っていて「プログレもある」ということで、
    聴かせてもらったのが日本のプログレ・ファンにも良く知られているWIGW
    AMだった。LOVE RECORDSの担当者さんの話では「日本では紹介されていない


    とのことだったが、たぶん、フィンランド直でない英語圏のレーベルとのライ
    センスによるものと思うが、実際は何枚かリリースされている。

    昨年『Nuclear Nightclub 』が紙ジャケットでリリースされ、本年の7月には
    キングレコードからも『ウィグマニア』がリリースされる。音楽誌「Marquee」
    がまだプログレ誌だった頃、北欧のプログレ記事は頻繁に掲載されていた。そ
    こにフィンランドのプログレ・バンドとして、また中期メンバーの要だったペ
    ッカ・ポーヨラのソロ・アルバムなども紹介されていた。ので、北欧プログレ
    ・ファンには良く知られたバンド。プログレといっても、60年代サイケデリ
    ック・ロック〜ジャズ・ロック色の濃いバンドだ。上記に書いた通り『Being


    がプログレ色の濃いアルバムとして有名だが、英国カンタベリー系のジャズ・
    ロックの影響が明良かで、キャラバンの作品に通じるところがある。当然演奏
    力、アルバムの構想、共にレベルが高い。
    フィンランドLOVE RECORDS 盤の『Being』が始めて聴くにはお薦め。

    なお、LOVE RECORDS は、WIGWAM の全アルバム、Pekka Pohjola のソロアルバ

    ム4枚を扱っている。

    LOVE RECORDS/フィンランド
    http://www.lovemusic.fi/

    ----------------------------------------------------------------------
    前回ちょっと触れたワールド・ミュージック系のレーベル

    日本ではまったく知られていないアーティストばかりですが、ともかく上手い


    DIFFERENT LEVEL (ディファレント・レベル)
    web: www.differentlevel.fi

    いわゆるトラッド・ミュージック系ですが、アレンジや楽器編成が斬新。
    英国やアイルランドが現代風に聴きやすくトラッドを演奏するグループが多い
    のに対して、フィンランドのこのディファレントレーベルは、前衛的だったり


    他ジャンルとの融合を試みるアーティストが多いようです。

    以下は、このイベント用に作られた日本語ページからの抜粋です。
    音源を聴けるようになっているので聴いてみてください。

    ----------------------------------------------------------------------
    ディファレント・レベルが取り扱うのは完成度の高いフィンランドの伝統音楽
    や、伝統をもとにしたワールドミュージックや電子音楽の世界。アーチストた
    ちは世界的にもよく知られています。日本ではヴォーカルやインスト音楽の市
    場に力を入れたいと希望しています。特にカンテレというフィンランドの民俗
    音楽は琴に通じるものがあり、関心をもっていただけたらと思います。

    このページで音源を聴けるアーティスト
    Anna-Kaisa Liedes
    Galaxy - Mbalax band
    Kriya
    Pauliina Lerche
    Pekka Lehti ja Outo Voima
    Suden Aika
    Svang
    Timo Vaananen - Kanteleplayer
    UTUA
    Vilddas

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    posted by: seiji | 音楽 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(1) | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rockjazz.com/trackback/250062
    トラックバック
    2006/12/06 11:16 AM
    Pauliina Lerche の東京公演日程が決まった。 2007年 3月3日(土), 4 日(日) ともに 19:30開場  20:00開演 (オープニング・アクト 「福」) 新宿 Pit Inn チケット 自由席  前売5,000円 当日 5,500円 (全て整理番号付) 1ドリンク付 チ
    タダならぬ音楽三昧