Amazon.co.jp ウィジェット プログレファンに受けそうなロックヴォーカルアルバム クリス・デ・バー | 温故知新/音楽評論家ノダセイジ
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
プログレファンに受けそうなロックヴォーカルアルバム クリス・デ・バー
0
    プログレファンに受けそうなロックヴォーカルアルバム
    クリス・デ・バーCrusader, 1979 プロデュースはアラン・パーソンズ・プロジェクトと仕事をしたこともあるアンドリュー・パウエルおのずとドラマティックかつシンフォニックな作りになる。僕は90年代の来日公演を観に行ったが会場は在日アイルランド人らしき人の群れがいて賑やかだった。どうもアイルランドの国民的シンガーとそのとき初めて知るw クリス・デ・バーの楽曲はドラマティックなものが多く。個人的に好きだ。本アルバムは十字軍騎士を歌ったコンセプトアルバムのようで、静と動が楽曲ごとガラッと変わる。




    JUGEMテーマ:音楽



    posted by: seiji | 音楽 | 06:07 | - | trackbacks(0) | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rockjazz.com/trackback/1248248
    トラックバック