Amazon.co.jp ウィジェット ダリル・ウェイ「ヴィヴァルディ・フォーシーズンズ・イン・ロック」 | 温故知新/音楽評論家ノダセイジ
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ダリル・ウェイ「ヴィヴァルディ・フォーシーズンズ・イン・ロック」
0
    インロックとあるけれども、かつてのカーヴド・エア時代の「ヴィヴァルディ」ほどロックの疾走感はないのが残念。今回の四季全曲演奏はクラシック原曲をベースにドラムやベースのリズム隊も入った感じでそれほどロックベースにいじってはいない。四季は色々なバンドがテーマや原曲をベースに作った作品がある。1番、いじくり倒していたのは、カナリオスというプログレバンドの四季だったかと思う。カーヴド・エア以外でのダリル・ウェイの活動は脱退直後、ウルフというロックバンドを結成誌アルバムをリリースした。たぶん、この頃が1番ロック色が会ったかと思う。クリムゾンにいたデヴィッド・クロスやカーヴド・エアの2代目のバイオリニストでありロキシー・ミュージック、UKなどで活躍したエディ・ジョブソンなどと比べるとカーヴド・エア以降のダリル・ウェイの作品は比較的おとなしい。

    posted by: seiji | 音楽 | 07:43 | - | trackbacks(0) | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rockjazz.com/trackback/1248237
    トラックバック