Amazon.co.jp ウィジェット 音楽あれこれ・・・ | 温故知新/音楽評論家ノダセイジ
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
音楽あれこれ・・・
0
    日仏音楽産業カンファレンスは昨年以降中止している。それはなんどやっても日本の音楽産業は仏音楽を販売契約してくれないからだ。そればかりか、せっかく食べ放題のビュッフェでもてなしても食うだけ食ってさっさと帰って商談するら応じない日本のレコード会社に愛想が尽きたのだと思う。まぁ、仏音楽がアメリカナイズされすぎてここ20年のそれがつまらなくなってしまったということもあるだろう。が商談するつもりもないのに、ビュッフェランチにはのこのこやってきて飯だけくらっていなくなる日本のレコード会社もなんだかな~、と思った。

    アナログ時代は音楽も映像もテープ記録だったから、録り直しのNGは高額なテープの損失になるので、NGは笑い話では済まされなかった。今デジタルですぐに幾度でも録リ直しができるので、下手など素人相手でも制作側次第でいくらでもまともなものができる。アイドルが役者、歌手ができるのはそれ故だ。そんなのが当たり前の時代だから、むしろ完成品を称えるべきは製作者に対してではなかろうか?と思う。日本はプロデューサーやエンジニアの名前がなかなか出てこない。こういう時代だからこそそうした縁の下の力持ちの主たちにスポット当てて欲しいものだ。

    アサイチに小澤征爾巨匠が出ている。82歳、老けたなぁ見た目、でも、思考は聡明そうだ。74年ころに小澤征爾氏が「偉大な音楽家は3Bだ(バッハ、バート・バカラック、ビートルズ)という発言でこの人の幅広い音楽への関心に興味を持った。
    15年前のノダセイジww15年前のライヴハウス運営時代の私です。



    JUGEMテーマ:音楽



    posted by: seiji | 音楽 | 08:33 | - | trackbacks(0) | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rockjazz.com/trackback/1248180
    トラックバック