Amazon.co.jp ウィジェット クラフトニー新譜 | 温故知新/音楽評論家ノダセイジ
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
クラフトニー新譜
0

    ビーグルハット時代から20年来の友人の田中さんがビーグルハット時代のメンバ

    ー3人+でクラフトニーというバンドでアルバムを作ったという連絡を受けて、1

    枚頂いた。ざーっと聴かして頂いたが変わらず洋楽指向で、ブリティッシュ・ポ

    ップ・ロックである。ビートルズや10CC,スタクリッジあたりのニッチポップ

    が好きなら、十分好まれるであろう音だ、それはビーグルハット時代から変わっ

    ていない。上手く挿入したSEもじゃまにならず。1曲が4−5分の物語になってい

    る。BEALGEHATを解体し、すぐにSHEEPを結成し、アルバムを作り。さらにべ

    BEAGLEHATの同窓会的な本アルバムを作った。田中さんの創作意欲には驚くばか

    りだ。立派な商社マンでもあり、忙しいにも関わらず、空いてる時間に作った割

    には、出来は上場で完璧である。以前、BEAGLEHATのアルバムを難波弘之氏、

    MARQEE社の社長山崎氏にそれぞれ雑誌に好評で紹介頂いた。その頃のクォリティ

    ーを維持する以上のできばえだ。気になったらぜひ、Amazonでゲットできますの

    で、よろしくお願いします。彼らには歳をとっていっても、優れたメロディメー

    カーとして、今後も活動していってもらいたいものだ。 
    トラックリスト
    1. 最悪バンド「マジックナイトショー」
    2. マネーゲーム
    3. 僕のルーティンディ
    4. ズボラなポストマン
    5. 船を見に行こう
    6. シーツの砂漠
    7. どこまでもブルー
    8. 回転アルベルト
    9. パイロットになりたい
    10. 川辺のカフェ
    11. キャスター付マッサージチェアー
    12. ランズエンド・ステーション
    13. グッバイヒーロー
    14. 夜のポストマン


    タイトルを観てもわかるように田中さんの書く歌詞は面白い。ファンタジーなよ

    うで実はとても日常的なこと。そして曲調が完全に70年代ブリティッシュポッ

    プ・ロックなのでその情景は英国の町並みを思い浮かばせてくれる。レコーディ

    ングに関しても元パイロット(英国のポップロックバンド)のデヴィッド・ペイ

    トンとビーグルハット時代行った経歴もあるせいか、全体の流れもバランスも非

    常に良い。飽きることのないアルバムだ。このアルバム、ぜひSPOTIFYに登録し

    て世界中の人に聴けるようにして欲しい。売ることよりまず知名度が必要でしょ

    う。知名度さえあがればおのずと後にCD売上の結果はついてくると思う。
    クラフトニー購入はこちら

    JUGEMテーマ:音楽



    posted by: seiji | 音楽 | 13:01 | - | trackbacks(0) | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rockjazz.com/trackback/1248151
    トラックバック