Amazon.co.jp ウィジェット 個人的プログレッシブ・ロック史#1 | 温故知新/音楽評論家ノダセイジ
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
New Entries
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
個人的プログレッシブ・ロック史#1
0
    Twitterに連続投稿してきた、個人的プログレッシブ・ロック史のまとめです。ようつべには、プログレの音源の大半がアップされてるようなので、気が向いたら音源も聴いてにてください まず初めて買ったロックのアルバムがピンク・フロイドの(原子心母」とジョージ・ハリスンの「オール・シングス・マスト・パス」だった。お年玉で同時に買った記憶がある。  中学生ではそんなにお金があったわけではないので、とりあえず、兄の持っていたLPレコードを聴き漁る毎日。自分で買うのは月に1枚と正月に数枚まとめて、というのが数年続いた。中2に秋、同じ嗜好の友達が二人できる。で3人でレコードの貸し借りが始まる。 次に買ったプログレアルバムはムーディー・ブルースの「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」この時点で再発盤だった。原子心母で始まったロックバンドとオーケストラの共演への興味が深まる。友人がバークレージェームスハーベストを買っていたので借りる。 バークレージェームスハーベストのアルバム「ONCE AGAIN」でオーケストラのストリングスの代用となるメロトロンという楽器を知る。その独特な音の揺れにハマっていく。BJHの使い方は叙情的だった。 友人のおかげでたぶん同年齢の中学生が個人で買っては聴けない量のレコードを聴くことができた。オーケストラやメロトロンが入ったロックをスタートにした僕に変拍子という転機が訪れる。それはエマーソン・レイク・アンド・パーマーとYESとの出会いだった。  71年のイエスの「Fragile」がリリースされた。当時のミュージック・ライフ誌の紹介は「ちょっと変わったハードロック」だったと思う。すでに変わってるの大好きだったのと先に知っていたリック・ウェイクマンがストローブスから移籍したということで買った  70年エマーソン・レイク・アンド・パーマーの登場で僕のキーボード奏者好きは一気に加速する。翌年71年のELPの「タルカス」イエスの「危機」を始めプログレ名盤が軒並みリリースされる。中学生のこづかいでは追いつかなりリリースラッシュだった。色々貸してくれた友人に感謝。  そのイエスの「危機」を買って最初に聴いたときの衝撃は半端でなかった。1曲23分というタイトル曲、SE音からたたみみ掛けるように始まる演奏は衝撃だった。オーディオの前に座って曲が終わるまで固まっていた。以降長い曲大歓迎なプログレヲタク度も加速していった。 追記: 1971年には箱根アフロディーテというコンサートが箱根であり、ピンク・フロイドやら国内の歌手やらが集ってのコンサートがあった。友人がそれに行って、話を聞いて羨ましい思いをしたものだ。まだ中3だったので、泊りがけでコンサートに行けるわけもなく・・・。ピンク・フロイドの演奏の映像は少しテレビで流れた。この秋リリースされる20数枚組のコンピレーションボックスにはその箱根の映像も入っているらしい。ファンの方はボーナスでぜひ。僕はこの映像ブートレグで買って持っていますがww 30分弱くらいです。まったく同じなら。 YESの「危機」まで書いた。1972年の7月下旬、エマーソン・レイク&パーマーの来日公演があった。八木誠氏のロックエキスプロージョンという洋楽番組でライヴを衛生生中継された。現場に観に行けなかった高1の僕はテレビでそれを観た。  テレビでとはいえ、プログレッシブ・ロックのバンド演奏をリアルタイムで観れたのはそれが初めてだった。当時エマーソン・レイク&パーマーはアイドル扱いだった、ということどれだけの人が信じるだろうか?でもアイドルだったのだ。 ELPがアイドルだったということはそのロックエクスプロージョンのELPのオフショットの扱いでも分かる。いわば、プログレッシブ・ロックが大多数のロックファンに受け入れられていた時代だった。1972年にまでにはキング・クリムゾンの初期3作が、続く。 キング・クリムゾンの初期3作品は1年の間にすべてリリースされた。リザード、ポセイドンの目覚め、クリムゾンキングの宮殿と逆順のリリースだった。僕はクリムゾンキングの宮殿はマハビシュヌ・オーケストラの「火の鳥」と同時期に買った記憶がある。 キング・クリムゾンの初期3作品は1年の間にすべてリリースされた。リザード、ポセイドンの目覚め、クリムゾンキングの宮殿と逆順のリリースだった。僕はクリムゾンキングの宮殿はマハビシュヌ・オーケストラの「火の鳥」と同時期に買った記憶がある。

    JUGEMテーマ:音楽

    posted by: seiji | 音楽 | 11:36 | - | trackbacks(0) | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rockjazz.com/trackback/1248137
    トラックバック